コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王仙芝(読み)おうせんし(英語表記)Wang Xian-zhi; Wang Hsien-chih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王仙芝
おうせんし
Wang Xian-zhi; Wang Hsien-chih

[生]?
[没]乾符5(878)
中国,黄巣の乱の初期の指導者。山東の人。安史の乱以来,財政危機を救うために唐朝がとった塩専売・茶税政策は,末に茶塩密売商人を活躍させ,彼らは下層民の支持を受けた。王仙芝は塩密売商人で,唐末破産農民や逃戸 (とうこ) による各地の小規模反乱に乗じて乾符2 (875) ~3年頃黄河下流域で反乱を起し,やがて黄巣や群盗も合流して大勢力となり,唐朝を震駭させた。一時唐の招きに応じようとしたが,再び黄巣とともに反乱を指導し敗死した。その部下は黄巣の指導下に入り,活動を続けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうせんし【王仙芝 Wáng Xiān zhī】

?‐878
中国,唐末の反乱指導者。濮州(山東省甄城(けんじよう)県)の人というが異伝もある。当時専売品であった塩の密売を業とし,874年ころ飢饉に乗じて山東・河南の省境地方で挙兵,大将軍と名のった。ついで黄巣らも加わって諸州を攻撃略奪し,いわゆる黄巣の乱が始まった。しかし唐朝の誘いに応じて投降しようとしたことから黄巣と不和になり,これとたもとを分かって江北一帯を転戦したが,黄梅(湖北省黄梅県)で唐軍に敗れて殺された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おうせんし【王仙芝】

?~878) 中国、唐末期黄巣こうそうの乱の首領の一人。塩の密売商。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王仙芝
おうせんし
(?―878)

中国、唐末の農民反乱(黄巣(こうそう)の乱)の初期の指導者。濮州(ぼくしゅう)(山東)または曹州(そうしゅう)冤句(えんこう)(山東)の人。唐朝後半期の塩の専売政策は一方で塩の密売商人(私塩の徒)を多数発生させたが、唐朝の厳しい取締りに対抗して、彼らが群盗化する動きも9世紀なかばから顕著になった。王仙芝は早くから私塩に従事して名賊といわれ、各地に続発していた藩鎮(はんちん)兵士や逃亡農民の反乱に乗じて875年5月(または前年の末)衆3000人と長垣(ちょうえん)(河南)に乱を起こした。濮、曹2州を落とし、河南15州を略奪し、黄巣ら各地の群盗を集めて数万の大勢力となり、唐朝を震撼(しんかん)させた。ついで湖北、安徽(あんき)を回って(きしゅう)に達した翌876年12月、唐朝の懐柔策で左神策軍押牙(しんさくぐんおうが)兼監察御史(かんさつぎょし)の官を受けようとしたが、黄巣らの反発にあって断念し、以後、彼と二手に別れて行動した。末年については所伝が一致しないが、一説には、877年末、河南、湖北方面で唐朝の誘いを受けて派遣した部将尚君長(しょうくんちょう)を切られ、ふたたび攻勢に出たが、翌年2月州黄梅(おうばい)に敗れて斬首(ざんしゅ)された。残余の勢力は尚君長の弟尚譲(しょうじょう)に率いられ、黄巣の軍に合流して活動した。[金子修一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android