コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天朝田畝制度 てんちょうでんぽせいどTian-chao tian-mu zhi-du; Tien-ch`ao tien-mou chih-tu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天朝田畝制度
てんちょうでんぽせいど
Tian-chao tian-mu zhi-du; Tien-ch`ao tien-mou chih-tu

中国,太平天国土地制度で,咸豊3 (1853) 年に発布された。土地や財産の公有と平均化を目指したもので,16歳以上の男女に一律平等に土地を支給するが私有は認めず,各人の必要分以外の生産物や金銭はすべて国庫に納付させ,冠婚葬祭や生活能力のないものの養育は国庫からの支出によることとした。この土地制度のうえに,宗教,社会,行政,軍事の諸制度が構想されていた。太平天国の大土地所有反対の理念が示されているが,現実に合致せず,実際にはほとんど行われなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんちょうでんぽせいど【天朝田畝制度】

太平天国が1853年の南京占領後発表した理想主義的な社会制度。キリスト教と中国固有の思想を調和させ、男女の平等・土地の均分・兵農一致の軍事編成などを内容とするが実施されなかった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天朝田畝制度
てんちょうでんぽせいど

1853年冬ないし54年春に、中国、太平天国政府が発布した土地・社会・軍事・行政の制度を包括する理想国プラン。実現の努力はなされず、広く宣伝されることもなかった。あらゆるものは上帝のもので、天王がこれを運用して、「天下の一大家族のあらゆるところの人々を平均にし、すべての人々を暖衣飽食させる」という趣旨のもとに、土地をその質によって九等分し、男女の別なく、16歳以上の者には、上々田なら一人一畝(ムー)(約6.6アール)、下々田なら三畝を、15歳以下にはその半分を割り当てて耕作させ、自家消費分以上の余剰はすべて国庫(聖庫)に納めて、冠婚葬祭費と老人、孤児、病人の扶養などにあてることとした。また25戸を基礎共同体とし、1万3156戸に至る軍事・行政組織をつくって、各級の地方官、同時に戦時における指揮官に管理させることなどを定めた。小農民の均質な生活の絶対的安定が理想とされた。しかし、「官」と「農民」はこの理想国においてすら、身分的上下関係として位置づけられている。[小島晋治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の天朝田畝制度の言及

【太平天国】より

…その滅満興漢のよびかけや,租税免除の約束,富豪から奪った財貨の貧者への分配,民衆に対する厳しい軍規,死を昇天として恐れぬ闘志,諸王の固い団結などによって,太平軍は民衆の圧倒的支持を受け,湖南,湖北,江西,安徽を抜いて,53年南京を占領した当時には,数十万のよく統制された大兵力に発展していた。南京建都後,天王は大同の理想を土地・社会制度として具体化した〈天朝田畝制度〉を発表し,また纏足(てんそく),売春,アヘン,酒,賭博を禁止し,儒教の経典を修正するなどの改革を行った。〈天朝田畝制度〉はすべての土地を上帝の所有として私有を禁止し,男女の別なく年齢に応じて一律平等に割り当て,各家族の消費分を除くいっさいの剰余生産物を,25家ごとに設立される聖庫に納めて,冠婚葬祭,孤児や寡婦の扶養,子弟の教育などにあてるというもので,生産力の発展や経済的繁栄ではなく,生活の絶対的安定と平等を主目的とするものであった。…

※「天朝田畝制度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天朝田畝制度の関連キーワードキリスト教大同思想社会制度思想均分

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android