コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平山梅人 ひらやま ばいじん

1件 の用語解説(平山梅人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平山梅人 ひらやま-ばいじん

1744-1801 江戸時代中期-後期の俳人。
延享元年生まれ。三河(愛知県)田原藩士。江戸麹(こうじ)町にすんだ。広岡宗瑞にまなぶ。安永7年加藤野逸(やいつ)らと「五色墨(ごしきずみ)三篇」を刊行。天明5年杉山杉風(さんぷう)の別号をつぎ採荼庵(さいだあん)2代となり,「杉風句集」を刊行した。享和元年10月14日死去。58歳。名は直昌。通称は忠左衛門。別号に菅梅人,第一園など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平山梅人の関連キーワード延享享和鳥居清忠(初代)カルナータカ戦争ダゴホイの乱浮絵稲葉通邦細井平洲賤のをだ巻田中伝左衛門

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone