コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平師盛 たいらの もろもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平師盛 たいらの-もろもり

1171-1184 平安時代後期の武将。
承安(じょうあん)元年生まれ。平重盛の5男。母は藤原家成の娘。若狭守(わかさのかみ)をへて備中守(びっちゅうのかみ)となる。寿永3年2月7日一ノ谷の戦いで敗走の途中,畠山重忠の郎等本田次郎に討たれた。14歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平師盛

没年:元暦1.2.7(1184.3.20)
生年:承安1(1171)
平安末期の武士。重盛の子。母は藤原家成の娘。治承2(1178)年従五位下・若狭守,翌年11月に備中守に転じる。平家都落ち後,元暦1(1184)年の一の谷の戦で敗れ,小舟で脱出をはかるが舟がくつがえり討ちとられた。

(田中文英)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

平師盛の関連キーワード没年源智

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android