コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原家成 ふじわらの いえなり

3件 の用語解説(藤原家成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原家成 ふじわらの-いえなり

1107-1154 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
嘉承(かじょう)2年生まれ。藤原家保の3男。母は藤原隆宗の娘。讃岐(さぬき),播磨(はりま)などの国守を歴任。保延(ほうえん)3年(1137)参議,のち正二位,中納言中御門(なかみかど)中納言とよばれる。鳥羽(とば)院政下で従妹の美福門院と手をむすび,「院第一の寵人」といわれるほどの権勢をふるった。藤原顕輔(あきすけ)の甥(おい)にあたり,歌道の六条家をささえたひとり。仁平(にんびょう)4年5月29日死去。48歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原家成

没年:久寿1.5.29(1154.7.11)
生年:嘉承2(1107)
平安後期の公卿。参議藤原家保と近江守藤原隆宗の娘典侍悦子の子。鳥羽院の有力近臣。善勝寺流藤原氏長者。保安3(1122)年叙爵,以後若狭,加賀,讃岐,播磨と受領を歴任。保延2(1136)年公卿に列し,3年参議,4年権中納言と昇進を重ね,その間皇后宮権大夫,右兵衛督,右衛門督を兼任。鳥羽天皇の乳母を母とし,鳥羽皇后美福門院得子を従姉妹に持つ関係から,鳥羽の寵愛を受け,その権力を支えとする威勢は,源師時をして,「天下の事,一向に家成に帰す」といわしめるほどであった。同時代人藤原頼長は,家成に対し激しい対抗意識を持ち,その邸宅への追捕狼藉を,腹心の随身に命ずる事件を起こしている。久寿1(1154)年病により出家,ほどなく卒した。<参考文献>河野房男『平安末期政治史研究』

(上杉和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのいえなり【藤原家成】

1107‐54(嘉承2‐久寿1)
平安後期の公卿。六条修理大夫顕季の孫,参議家保の四男。四条流諸家の祖。顕季・家保が白河上皇の〈唯一の御乳母〉従二位親子の子あるいは孫として寵遇にあずかり,院司受領として富威を誇った後をうけ,家成も鳥羽上皇の年給により若狭守に任ぜられたのを手始めに,加賀,讃岐,播磨などの大国の守を歴任した。ことに鳥羽院政が始まるや,〈天下の事を挙げて一向家成に帰す〉といわれるほどの権勢をふるい,1136年(保延2)には従三位に昇り,累進して正二位中納言に至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原家成の関連キーワード藤原家成久寿ノルマン朝鳥羽天皇堀河天皇堀河天皇堀河天皇讃岐典侍日記枕崎台風久寿

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone