コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平松時庸 ひらまつ ときつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平松時庸 ひらまつ-ときつね

1599-1654 江戸時代前期の公卿(くぎょう)。
慶長4年4月28日生まれ。西洞院時慶(にしのとういん-ときよし)の次男。平松家の祖。寛永20年参議となり,のち従二位,権(ごんの)中納言にすすむ。能書家で書が「慶安手鑑(てかがみ)」に収録されている。承応(じょうおう)3年7月12日死去。56歳。初名は時興。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平松時庸の関連キーワードマーストンナンダ・バインマーストンガリレイ(年譜)京極高広住吉如慶住吉如慶イギリス・オランダ戦争後光明天皇後光明天皇

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android