コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平林新七(読み)ひらばやし しんしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平林新七 ひらばやし-しんしち

?-1721 江戸時代中期の農民。
信濃(しなの)上田藩領中挟(なかばさみ)村(長野県小県郡青木村)の組頭(村役人)。慣行に反して検見を強行しようとした役人を殺したため,享保(きょうほう)6年処刑された。追放されたとする説もある。年貢減免がみとめられ,新七は稲荷(いなり)大明神としてまつられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android