コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平林新七 ひらばやし しんしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平林新七 ひらばやし-しんしち

?-1721 江戸時代中期の農民。
信濃(しなの)上田藩領中挟(なかばさみ)村(長野県小県郡青木村)の組頭(村役人)。慣行に反して検見を強行しようとした役人を殺したため,享保(きょうほう)6年処刑された。追放されたとする説もある。年貢減免がみとめられ,新七は稲荷(いなり)大明神としてまつられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

平林新七の関連キーワード北方戦争エルベルフェルト朱一貴インノケンチウス13世享保の改革有期労働者小石川植物園エストニア外国人技能実習制度石田幽汀

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android