コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲荷 イナリ

5件 の用語解説(稲荷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いなり【稲荷】

《「いななり(稲生)」の音変化という》
五穀をつかさどる食物の神、倉稲魂神(うかのみたまのかみ)のこと。また、倉稲魂神を祭った、稲荷神社
《倉稲魂神の異称である御食津神(みけつかみ)と、三狐神(みけつかみ)とを結びつけて、稲荷神の使いと信じたところから》狐(きつね)の異称。→御食津神
《狐の好物とされたところから》油揚げ。
稲荷鮨(いなりずし)」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いなり【稲荷】

五穀をつかさどる倉稲魂神うかのみたまのかみをまつった神社。稲荷神社。また、総本社の伏見稲荷のこと。
〔倉稲魂神の別名御食津神みけつかみを三狐神みけつかみと結びつけて。また、キツネを稲荷神の使いとする俗信と結びつけて〕 キツネの異名。
〔キツネの好物といわれるところから〕 油揚げ。
「稲荷鮨いなりずし」の略。お稲荷さん。
旅芸人が町まわりの時にたてる細長い旗。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲荷
いなり

京都市伏見(ふしみ)区の東山(ひがしやま)山地南端の地区。渡来人秦(はた)氏が711年(和銅4)に創始したという伏見稲荷大社の鳥居前町である。五穀豊穣(ほうじょう)から商売繁盛の神としての信仰が広がり、正月と2月の初午(はつうま)には数十万の参詣(さんけい)客でにぎわう。素朴な伏見人形は全国の土人形の源流とされる。JR奈良線、京阪電鉄京阪本線が通じる。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲荷の関連キーワードあんなり嘶ふ肩くまくわこっちゃななりめかこう意固地なじに面廊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲荷の関連情報