コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平林鳳二 ひらばやし ほうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平林鳳二 ひらばやし-ほうじ

1870-1927 明治-昭和時代前期の俳人。
明治3年3月生まれ。伊藤松宇(しょうう)にまなぶ。「書画珍本雑誌」を発行,京都や大阪で書画骨董(こっとう)・古俳書の売買業をいとなむ。大正12年大西一外(いちがい)らと「新選俳諧(はいかい)年表」を編集した。昭和2年10月5日死去。58歳。信濃(しなの)(長野県)出身。本名は縫治。別号に巨城。編著に「蕪村(ぶそん)の俳諧学校」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平林鳳二の関連キーワード俳人明治

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android