コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平林鳳二 ひらばやし ほうじ

1件 の用語解説(平林鳳二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平林鳳二 ひらばやし-ほうじ

1870-1927 明治-昭和時代前期の俳人。
明治3年3月生まれ。伊藤松宇(しょうう)にまなぶ。「書画珍本雑誌」を発行,京都や大阪で書画骨董(こっとう)・古俳書の売買業をいとなむ。大正12年大西一外(いちがい)らと「新選俳諧(はいかい)年表」を編集した。昭和2年10月5日死去。58歳。信濃(しなの)(長野県)出身。本名は縫治。別号に巨城。編著に「蕪村(ぶそん)の俳諧学校」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

平林鳳二の関連キーワード近重真澄祷苗代芝田忠五郎野元驍疋田桂太郎降矢芳郎星野太郎前田二平町田咲吉三木猪太郎