コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新墾 アラキ

デジタル大辞泉の解説

あら‐き【新墾】

新しく開すること。また、その土地
「湯種蒔(ま)く―の小田を求めむと足結(あゆひ)出で濡れぬこの川の瀬に」〈・一一一〇〉

しん‐こん【新墾】

新たに土地をきりひらくこと。「新墾地」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらき【新墾】

新しく開墾すること。また、その土地。 「湯種蒔く-の小田を求めむと/万葉集 1110

しんこん【新墾】

新たに土地を開墾すること。 「 -地」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

新墾の関連キーワード今・困・坤・墾・婚・建・恨・懇・昆・昏・根・梱・混・渾・痕・紺・褌・金・魂井戸川美和子中城 ふみ子吉岡 禅寺洞野原 水嶺吉岡禅寺洞遠藤藤五郎平林 鳳二小川 素光小田 観蛍大聖寺藩酒井忠真戸田氏信小田観蛍湯長谷藩安部信賢板倉重昌浅野長恒甘縄藩堀田氏

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android