コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平業盛 たいらの なりもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平業盛 たいらの-なりもり

1168?-1184 平安時代後期の武将。
仁安(にんあん)3年?生まれ。平教盛(のりもり)の3男。寿永2年平氏一門とともに都落ちして,3年2月7日一ノ谷の戦いで敗死した。17歳?通称は蔵人大夫

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平業盛

没年:元暦1.2.7(1184.3.20)
生年:仁安3(1168)
平安末期の武将。歌人。中納言平教盛の3男。長兄通盛,次兄教経。従五位下。蔵人大夫と称された。寿永2(1183)年平氏一門と共に都を落ちて西走,元暦1(1184)年一の谷の戦で兄と共に山ノ手大将軍として奮戦するが,源義経軍の常陸国の住人土屋五郎重行兄弟に討ち取られる。17歳。<参考文献>安田元久『平家の群像』

(正木喜三郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

平業盛の関連キーワード安田元久

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android