コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平教盛 タイラノノリモリ

6件 の用語解説(平教盛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいら‐の‐のりもり〔たひら‐〕【平教盛】

[1128~1185]平安末期の武将。忠盛の子。清盛の弟。保元平治の乱の功で正三位権中納言となった。清盛の邸の門のわきに居を構えて、門脇(かどわき)殿とよばれた。源行家を播磨(はりま)に破ったが、壇ノ浦の戦いで入水。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平教盛 たいらの-のりもり

1128-1185 平安時代後期の武将。
大治(だいじ)3年生まれ。平忠盛の子。平清盛の異母弟。寿永2年中納言となる。屋敷が六波羅(ろくはら)総門の側にあったので門脇中納言と称された。兄清盛没後はその子宗盛を補佐し,一門の都落ち以降は実戦に参加。従二位。元暦(げんりゃく)2年3月24日壇ノ浦の戦いに敗れ,兄経盛とともに入水した。58歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平教盛

没年:文治1.3.24(1185.4.25)
生年:大治3(1128)
平安末期の武将。平忠盛の子。清盛の異母弟。母は関白藤原師通の次男家隆の娘で,待賢門院女房。兄弟のなかで,清盛から最も慈しまれ,身近くあって栄達し,その側近に終始していた。清盛の意向で六波羅の総門の脇に居館を構え,世に門脇中納言と称された。応保1(1161)年,平時忠の妹滋子が後白河法皇の皇子憲仁親王を生むと,時忠は教盛を誘い,親王の二条天皇立太子を謀り,平家の安泰を策したが,清盛はこれを押さえ,ふたりを左遷。翌年教盛は内蔵頭となり,仁安3(1168)年高倉天皇(憲仁親王)即位のとき,正三位参議。寿永1(1182)年従二位,翌2年に中納言となった。この間,淡路,大和,越中,常陸,能登の国守を歴任し,常陸,能登,越前などの知行国主であった。宮廷にあっては朝儀に参列するなど,貴族的な平家の公卿であったが,治承4(1180)年,反平家の兵を挙げた以仁王が逃げ込んだ園城寺攻撃からは武将としての本領を示す。養和1(1181)年の清盛没後は一門の長老として,平宗盛を補佐して洛中守護の参謀となるが,実際には戦いに参加せず,寿永2(1183)年平家一門と共に都落ちして西走。その後実戦に加わり,備中水島では源義仲と戦い,播磨で源行家の軍を破る。元暦1(1184)年2月の一の谷の戦では,長子通盛,3男業盛を失うが,このとき教盛は安徳天皇らと和田沖の船中にあったとされている。10月には長門国の源氏を追い落としたといわれ,文治1(1185)年,壇の浦の戦で没した。<参考文献>安田元久『平家の群像』,多賀宗隼『論集中世文化史』(上,公家武家篇)

(正木喜三郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいらののりもり【平教盛】

1128‐85(大治3‐文治1)
平安末期の武将。忠盛の子。清盛の弟。保元の乱の功で大和守となる。1161年(応保1)憲仁親王の立太子を謀って左遷されたが,翌年内蔵頭となり,68年(仁安3)高倉天皇の即位のさい正三位・蔵人頭・参議,83年(寿永2)中納言と昇進。清盛の死後は一門の長老として宗盛を補佐して実戦にも参加し,備中水島で源義仲と,播磨室山で源行家と戦ったが,壇ノ浦の戦で敗北したさい,兄経盛とともに入水した。【田中 文英】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいらののりもり【平教盛】

1128~1185) 平安末期の武将。忠盛の子。清盛の弟。通称、門脇宰相。正三位中納言。壇浦の戦いで自刃。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平教盛
たいらののりもり
(1128―1185)

平安末期の武将。平忠盛(ただもり)の子で、清盛(きよもり)の弟。1148年(久安4)に従(じゅ)五位下、保元(ほうげん)の乱の功によって左馬権頭(さまごんのかみ)となる。61年(応保1)、平時忠(ときただ)と憲仁(のりひと)親王(後の高倉(たかくら)天皇)の立太子を謀って解官(げかん)されたが、翌年には内蔵頭(くらのかみ)に復し、以後順調に昇進し、68年(仁安3)高倉天皇が即位すると正三位(しょうさんみ)、参議となり、81年(養和1)権中納言(ごんのちゅうなごん)、83年(寿永2)中納言に昇進し、門脇(かどわき)中納言とよばれた。その間、淡路(あわじ)、備中(びっちゅう)、大和(やまと)、能登(のと)などの国守を歴任。主として貴族社会の内部で活動して一門の勢力の拡大に努めたが、源平争乱のさなかに清盛が没すると、宗盛(むねもり)を補佐して京都防衛作戦の参謀役を果たした。83年7月、平家が都落ちしたのち、一門の武将が相次いで戦死すると、実戦にも参加し、備中(岡山県)水島(みずしま)に源義仲(よしなか)を破り、播磨(はりま)(兵庫県)室山(むろやま)で源行家(ゆきいえ)を撃退したが、文治(ぶんじ)元年3月24日、長門(ながと)(山口県)壇(だん)ノ浦(うら)で平家が滅亡した際、兄経盛(つねもり)と手をとって入水(じゅすい)した。[田中文英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平教盛の関連キーワード池禅尼平忠度平忠盛平盛国妹尾兼康平経盛平盛兼藤原景家藤原景高藤原景綱

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平教盛の関連情報