コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平田涪渓 ひらた ふけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平田涪渓 ひらた-ふけい

1796-1879 江戸後期-明治時代の儒者。
寛政8年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。藩校明倫館でまなぶ。嘉永(かえい)3年(1850)学頭山県太華の辞任のあとをうけて明倫館学頭座御用取計となる。のち家塾をひらき,徂徠(そらい)学をおしえた。明治12年5月7日死去。84歳。名は淳。字(あざな)は士厚。通称は新左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平田涪渓の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android