平賀亀祐(読み)ひらが かめすけ

美術人名辞典の解説

平賀亀祐

洋画家。三重県生。アメリカ移民の父を追って渡米し、カリフォルニア大学美術科等で学ぶ。のち渡仏し、アカデミー・ジュリアンでジャン・ポール・ローランスらに師事。堅牢、重厚で対象の質感をよく表すマティエール、明快で落着きある色彩でパリの街頭を多く描き「壁の詩人」「光の作家」「速筆の名人」と称された。ル・サロンでコロー賞を受け同会員となり、また美術文化勲章受章・学士院賞を受賞した。ニューヨーク等で個展も開く。昭和46年(1971)歿、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平賀亀祐 ひらが-かめすけ

1889-1971 大正-昭和時代の洋画家。
明治22年9月25日生まれ。大正14年アメリカからフランスにわたり,パリで写実派の画家として成功をおさめる。昭和9年ル-サロンで銅賞,13年「塩鮭」で同銀賞,29年「巴里裏町」で同金賞およびコロー賞。同年フランス美術文化勲章。昭和46年11月4日パリで死去。82歳。三重県出身。カリフォルニア大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android