コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年中行事障子 ねんちゅうぎょうじのしょうじ

世界大百科事典 第2版の解説

ねんちゅうぎょうじのしょうじ【年中行事障子】

清涼殿の東南の隅にある衝立障子。両面に年中恒例の行事を1月から12月まで目録のように書き連ね,絵はない。885年(仁和1)藤原基経が献じたのが初めと伝えられるが,行事の改廃,経年による破損,焼失などにより,何度も新調された。殿上の間の東側,上の戸の前に前半部を東に向けて置かれる。《年中行事障子文》(《続群書類従》所収)により内容を知ることができる。【平林 盛得】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の年中行事障子の言及

【清涼殿】より

…南廂は〈殿上の間〉で,公卿および昇殿を許されたいわゆる殿上人が祗候するところである。その東に〈落板敷(おちいたじき)〉があり,年中行事障子が殿上の間の妻戸の前に置かれている。落板敷から孫廂に出る小階の最下段が〈鳴板(なるいた)〉(見参板(けざんのいた))で,踏めば鳴るようになっている。…

※「年中行事障子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

年中行事障子の関連キーワード殿上淵酔

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android