コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年季契約奉公人 ねんきけいやくほうこうにんindentured servants

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年季契約奉公人
ねんきけいやくほうこうにん
indentured servants

17~19世紀に一定期間労働することを契約してヨーロッパから北アメリカの中部および南部植民地や西インド植民地に渡った労働者。いくつかの類型がある。 (1) 渡航費前借移民労働者 通常2~7年間,平均4年間渡航費の代償として不自由労働に服し,年季が明ければ自由労働者となる。アメリカ独立までの全移民の 60~70%に達すると見積られる。 (2) 徒弟奉公人 特殊な仕事を修得するかわりに不自由労働に従事する少数の者。 (3) 囚人労働者 死刑の減免として植民地に送られ,軽い場合7年,重罪では 14年ないし終身の不自由労働者。独立までに約 5000人が北アメリカ大陸植民地に送られ,独立後まもなく行先がオーストラリアに変った。 (4) 誘拐された者 「クリップス」などと呼ばれる誘拐業者が介在した。 (5) 植民地法廷で窃盗罪や不法な逃亡罪の判決を受け不自由労働に服する者。 (6) 負債のための不自由労働者。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

年季契約奉公人の関連キーワードアメリカ合衆国史黒人奴隷制度

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android