コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年木/歳木 トシギ

2件 の用語解説(年木/歳木の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とし‐ぎ【年木/歳木】

新年の燃料として、暮れのうちに用意したたきぎ 新年》
戸口や門松のそばなどに置き、年神に供える木。節木(せちぎ)。若木。幸い木。 新年》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の年木/歳木の言及

【薪】より

…また,修験者がたく護摩(ごま)木は,この火によってすべての罪障を焼きはらい,不動明王と一体化するなどといった象徴的な意味があり,これには土地ごとにカツギ(勝木)と称されている木が選ばれている。宮中での御竈木(みかまぎ)(御薪)の風習をはじめ,正月の神祭用の薪である年木(鬼木(おにぎ)や幸木(さいわいぎ)などともよばれる),竜宮の水神に薪を与えるモティーフをもつ〈竜宮童子〉の昔話などからも,薪が単なる燃料ではなかったことがわかる。燃料【佐野 賢治】。…

※「年木/歳木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone