(読み)まき

百科事典マイペディア「薪」の解説

薪【まき】

燃料とする木材。薪には堅薪(クヌギナラカシなどの材),雑薪(堅薪以外の広葉樹材),松薪(アカマツクロマツなどの材),杉薪(松薪以外の針葉樹材),ばた薪(製材くず)などの種類がある。発熱量は乾材で平均4500cal/gで,一般に針葉樹材のほうが大きい。日本では流体燃料の普及につれ,需要が激減

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「薪」の解説

まき【薪】

〘名〙 かまど、炉などに燃料としてたく細い枝や割木。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※俳諧・炭俵(1694)上「きりぎりす薪(マキ)の下より鳴出して〈利牛〉 晩の仕事の工夫するなり〈岱水〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「薪」の解説

しん【薪】[漢字項目]

常用漢字] [音]シン(呉)(漢) [たきぎ まき
たきぎ。「薪水薪炭采薪さいしん臥薪嘗胆がしんしょうたん

たき‐ぎ【薪】

き木の意》燃料にする細い枝や割り木。まき。「枯れ枝をにする」「をくべる」
[類語]まき焚き物焚き付け

まき【薪】

燃料にするために適当な大きさに切って乾燥させた木。たきぎ。「をくべる」「割り」
[類語]たきぎ焚き物焚き付け

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「薪」の解説

たきぎ【薪】

かつての日本でいろりやかまどで燃やす薪はその多くを柴山などとよばれる入会(いりあい)山,共有林,屋敷林などから得てきたが,薪不足の家では〈そだ売り〉などの薪の行商から買い求めた。京都大原女(おはらめ)の薪売頭上運搬でも有名であり,また大分県の吉四六話(きつちよむばなし)のなかには薪売をだます話もある。 薪のなかでも火力の強い松は,刀鍛冶や陶業に必須のため,こうした地帯ではとくにアカマツが伐採され,はげ山が現れることもあった。

まき【薪 firewood】

木質燃料の慣用的な呼名樹木より作った燃料のうち,炭化,ガス化などが行われていないものを総称する。とくに大木を割ったものを,〈しば〉や〈そだ〉との対比狭義に〈まき〉と呼ぶこともある。樹木を切って乾かしただけのまきは,人間が火を使い始めたときからの燃料である。堅(かた)(ナラ類,カシ類,クヌギ),雑(その他の広葉樹),松(針葉樹),製材まきに区分され,(そく)(長さ50cm×周囲70cm),棚(幅60cm×高さ150cm×長さ300cm)を単位として取引された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【燃料】より

…爆発の危険性が液体や固体の燃料に比べて大きく,ガス中毒を起こす危険もある。【吉田 忠雄】
[燃料の文化誌]
 火の使用は人類の歴史の上できわめて大きな意義を有するが,燃料の主たるものは長い期間,薪であった。石炭や石油,ガスなど新しい燃料の普及が著しいとはいえ,今日でも薪を燃料にしている地域や社会は非常に多い。…

【薪】より

… 薪のなかでも火力の強い松は,刀鍛冶や陶業に必須のため,こうした地帯ではとくにアカマツが伐採され,はげ山が現れることもあった。薪には大木を割った〈まき〉と,小木の枝や葉を含めた柴や〈そだ〉がある。竹など音のするものなど,いろりで燃してはならない木が各地で伝えられている。…

※「薪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android