コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年賀欠礼 ネンガケツレイ

デジタル大辞泉の解説

ねんが‐けつれい【年賀欠礼】

喪中で年賀状が出せないことを知らせる葉書。通常、相手が年賀状を準備する前、12月上旬ころに発送する。また、喪中のため年賀の挨拶に行けないことを知らせること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

葬儀辞典の解説

年賀欠礼

一般的には、2親等以内の親族(配偶者・父母・子ども・兄弟・姉妹・義父母など)が亡くなってから一周忌までを中とします。喪中は年賀状を出しません。そこで12月のはじめに、年賀状をいただきそうな相手に年賀欠礼の挨拶状(喪中ハガキ)を出します。挨拶状には、誰の喪に服しているかを明記します。先方が年賀状を出す前に届くように、12月の初旬には出します。●年賀欠礼の文例■喪中につき、年始のご挨拶を遠慮させていただきます。■○月に父□□(享年△歳)が永眠いたしました。■ここに本年中に賜りましたご厚情を深謝申し上げ、明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。●年末に葬儀が行なわれ、年賀欠礼が間に合わない場合松の内(一般的には1月7日)が過ぎてから、寒中見舞いで年賀欠礼を詫び喪中のお知らせをします。

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android