明年(読み)みょうねん

精選版 日本国語大辞典「明年」の解説

みょう‐ねん ミャウ‥【明年】

〘名〙 その人が現在身を置いている次の年。あくるとし。来年
※雑言奉和(10C初か)奉和聖製河上落花詞〈坂田永河〉「今歳蹉跎雖落尽、明年還復堪攀折
※高野本平家(13C前)一「主上明年(ミャウネン)御元服御加冠拝官の御さだめの為に」 〔劉廷芝‐代悲白頭翁〕

あくる【明】 年(とし)

① その年の次の年。翌年
※観智院本三宝絵(984)中「あくる年の二月十五日の朝より」
② 新しい年。新年。元日。
俳諧・増山の井(1663)正月「明るとしの月とも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「明年」の解説

【明年】みよう(みやう)ねん

あくる年。来年。唐・杜甫〔九日、藍田の崔氏荘〕詩 年、此の會、知んぬ誰(たれ)か(すこ)やかなる うて(しゆゆ)を把(と)つて、子細(しさい)に看る

字通「明」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android