コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年賀特別郵便 ネンガトクベツユウビン

2件 の用語解説(年賀特別郵便の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねんが‐とくべつゆうびん〔‐トクベツイウビン〕【年賀特別郵便】

郵便物の特殊取扱の一つ。12月中~下旬の一定期間に差し出された年賀状を翌年1月1日から配達する。明治32年(1899)12月に始まる。年賀郵便。→特殊取扱郵便

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の年賀特別郵便の言及

【郵便】より

…なお速達を除く上記の特殊取扱いは,書留とした郵便物に限られる。(8)年賀特別郵便 年賀特別郵便の取扱いは年賀状とする通常はがき等で,毎年12月15日から28日までの間に差し出された郵便物に翌年1月1日付の通信日付印を押し(料額印面のついた郵便はがきの場合には省略することもある),元旦(1月1日)の最先便から配達することになっている。年賀郵便は事実上は1899年から取り扱われ,1906年11月に初めて制度化されてからその取扱い物数は年々増加の一途をたどった。…

※「年賀特別郵便」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone