コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年賀郵便 ねんがゆうびん

4件 の用語解説(年賀郵便の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年賀郵便
ねんがゆうびん

いわゆる年賀状。年賀状として,年内の一定期間内に差し出された葉書 (日本郵政発行および私製葉書) は,原則として翌年1月1日の通信日付印を押され,翌年1月1日の最先便から配達される。これは年賀特別郵便の制度で,1899年から取り扱いが始まった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

年賀郵便【ねんがゆうびん】

郵便物の特殊取扱いの一つ。年末(12月15日から28日まで)に郵便局で引き受けた年賀状に,原則として1月1日の通信日付印を押して(官製はがきについては消印を省略する),元日の最先便から配達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年賀郵便
ねんがゆうびん

年末に特別取扱期間を定め、その間に引き受けた年賀状を翌年の元旦にまとめて配達する制度。[小林正義]

制度の創設

この制度が創設されたのは、1899年(明治32)12月16日のことである。12月20日から30日までに引き受けた年賀状に、1月1日イ便(1号便)の日付印を押印し、配達局では到着した年賀状を配達区ごとに整理保管しておき、1月1日のイ便から順次配達することにした。ただし、このときは引受局が指定された局に限られていたが、翌1900年(明治33)には、必要に応じて全国の郵便局で取扱いができることにした。同年の10月には、私製葉書の使用が初めて認められ、郵便に託した賀詞の交換が、ますます増加した。全国に実施されたのは、日露戦争が終わった1905年(明治38)のことである。[小林正義]

寄附金と賞品

1935年(昭和10)には、年賀切手が初めて発行された。その後第二次世界大戦のため年賀切手の発行も、年賀郵便の特別取扱いも停止されたが、戦後の48年(昭和23)に復活した。翌49年12月1日に、最初のお年玉つき年賀葉書(昭和25年の新年用)が発行された。寄附金のついたものと、寄附金のつかないものとの2種が、あわせて1億8000万枚が発売された。年賀郵便として差し出されたものは、このほかに通常の官製葉書や私製葉書があり、計2億4700万枚にものぼった。49年度の郵便の総引受物数が、30億枚の時代であるから、年賀郵便の大きさが理解されることであろう。当時はNHKのラジオ放送でたずね人の番組があり、戦争によって消息が不明となった肉親、親戚、友人、知人などの安否の確認が重視されていたこともあり、年賀状の交換が飛躍的に発展したのである。また、もののない時代でもあり、1等賞品の純毛洋服地は大きな魅力があり、末等賞品の切手シートは当初から評判になった。その後、賞品はテレビ、ビデオカメラ、そしてカーナビゲーションなど時代を反映して変化したが、ものに恵まれた時代となっても、年賀状を受け取る人々の楽しみとなっている。
 お年玉つき年賀葉書の寄附金は、時代に応じて結核の撲滅、がんの予防などに貢献しているが、ときには災害の救援物資となって、被災地域に直ちに配られているものもある。
 1982年(昭和57)には、絵入りのお年玉つき年賀葉書が発売され、83年にはこの地方版が登場した。これに伴い、年賀葉書に全国版と地方版の区別ができた。[小林正義]

年賀状交換の習慣

近代的な郵便制度が開設されたことにより、年賀状の交換は、誰にでも、自由に安価に利用できるようになり多くの人に利用されることになった。しかし、年賀状交換の習慣は近代郵便制度が生み出したものではない。書状に託して新年を寿(ことほ)ぐことは、古くからの日本の伝統的習慣であり、奈良時代には、すでに書状による賀詞の交換が行われていたと考えられる。平安時代の後半になると、藤原明衡(あきひら)が著した1年12か月の手紙文例集である『雲州消息』が登場する。これは日本人の手になる最初の手紙文例集であるが、この正月の文例は年賀状である。そうした手紙文例集は往来物とよばれたが、以後明治の初めごろまでに、約7000種もの往来物がつくられたといわれている。文例が必要であるほど、年賀状の交換も行われていたといえる。
 室町時代の『書札作法抄』には、12月20日以降の書状には新年を祝福する詞を書き、1月15日以降であっても、その年にまだ会わない人には、20日ごろまでは賀詞を書くことがマナーとなっていることが記されている。年賀状を年内に書くことは、古来からの日本の伝統的な習慣である。[小林正義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の年賀郵便の言及

【郵便】より

…郵便小包制度が創設されたのは92年であり,従来の条令,規則を整理し,1900年には郵便法が公布された。年賀郵便を制度的に取り扱うようにしたのは06年である。また,11年には速達の取扱いが東京,横浜の市内と両都市間で初めて実施された。…

※「年賀郵便」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

年賀郵便の関連情報