コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年齢給 ねんれいきゅう

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

年齢給

年齢給とは、支給額が年齢ごとに設定された給与のことをいう。年齢には4月1日など、給与改定日時点の満年齢が用いられるが、20代前半あたりまでは、卒業時点を18歳、22歳とみなした「みなし年齢」が用いられることが多い。 年齢給は、もともと生活に必要な所得をカバーしようという考え方にもとづいている。そして生活に必要な収入は年齢によって異なるという主張から、年齢別生計費に対応させた年齢を基準とした支給額の決定方法が採用された。そのため、支給額も20代後半から上昇率が高くなり、40代半ばでピークとなって以降は横ばいとし、50代後半で下降する設計が主流となっている。 年齢給が採用されている場合、従業員にとっては安定した賃金となるが、反面、中高年の中途採用がしづらい一因となっている。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねんれい‐きゅう〔‐キフ〕【年齢給】

賃金のうち、生活給を構成する一部で、年齢に応じて算定される部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねんれいきゅう【年齢給】

年齢に応じて算定し、支払われる賃金。 → 能力給

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

年齢給の関連キーワード成果主義職務給勤続給基本給能力給

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android