コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活給 セイカツキュウ

4件 の用語解説(生活給の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいかつ‐きゅう〔セイクワツキフ〕【生活給】

労働者とその扶養家族の生活費を基準に算定される賃金。年齢給・勤続給・家族給などによって構成される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

生活給【せいかつきゅう】

賃金は労働者の最低生活費を保障するものでなければならないという思想に基づいてつくられた賃金体系。年齢・家族数など必要家計費の差異をもたらす要因を重視する。戦後日本の賃金体系はこれによるものが多いが(電産型が典型),経営側は悪平等と攻撃し,のち職務給などが導入された。
→関連項目賃金体系日本電気産業労働組合

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

せいかつきゅう【生活給】

労働の質や量と無関係に、労働者の最低生活を保障するという基準で支払われる給与。年齢や家族構成などの相違を考慮して決められる。 → 固定給能率給

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生活給
せいかつきゅう

労働者の生活必要度に応じて決定される賃金。年齢、勤続年数、家族構成などを考慮して最低限度の生活を保証しようとするものである。広義には、家族手当通勤手当住宅手当などの生活補助手当を含めた賃金をさす。第二次世界大戦後の経済混乱期に、日本の労働組合は、生活できる賃金の獲得という点からこの生活給を強力に要求した。その典型は、生活給部分を基本とし、それに技能給を若干積み上げた賃金体系をつくりあげた電産型賃金に求めることができる。以後、この電産型賃金をモデルとして生活給体系が普及していったが、賃金水準の上昇と、資本による能力給体系の推進に伴って、賃金に占める生活給部分はしだいに低下してきている。[横山寿一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活給の関連キーワード子供保険最低賃金制労働三法制度的保障最低賃金最低賃金制度最低生活費賃金労働者賃金鉄則生活保護費の不正受給

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生活給の関連情報