コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸西(読み)こうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幸西 こうさい

1163-1247 鎌倉時代の僧。
長寛元年生まれ。浄土宗比叡(ひえい)山でまなぶが,愛児の死を契機に法然(ほうねん)の弟子となる。行空(ぎょうくう)らと1回の念仏でたりるとする一念義をとなえ,2度の法難にあう。のち下総(しもうさ)栗原(千葉県)で布教したという。宝治(ほうじ)元年4月14日死去。85歳。号は成覚(じょうかく)房。著作に「玄義分抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の幸西の言及

【一念義・多念義】より

…弥陀の本願を信じておこす,ひとたびの念仏で往生できるとするのが一念義,往生には臨終までできるだけ多くの念仏を唱える必要があるとするのが多念義。前者は行空,幸西らの立義,後者は隆寛の主唱にかかる。一念義は法然の在世中から京都・北陸方面で信奉され,一念の信心決定(けつじよう)に重きを置き,多念の念仏行を軽視し,やがて否定した。…

※「幸西」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android