コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸阿弥 コウアミ

大辞林 第三版の解説

こうあみ【幸阿弥】

1410~1478) 室町後期の蒔絵まきえ師。本名、土岐四郎左衛門道長。足利義政に仕え、入道して幸阿弥と称す。大和絵風の文様に伝統的な技法を駆使した細密な蒔絵を作った。子孫は代々幸阿弥を名乗り、将軍家の御用蒔絵師を務め、一九代まで続いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

幸阿弥の関連キーワード五十嵐太兵衛幸阿弥道長幸阿弥道該幸阿弥長周幸阿弥道清幸阿弥長法幸阿弥長晏円阿弥武宗幸阿弥長重五十嵐信斎栗本幸阿弥川之辺一朝栗本長之助幸阿弥長清幸阿弥長善幸阿弥長房幸阿弥長救幸阿弥正峰幸阿弥長孝幸阿弥長行

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android