幻住庵記(読み)ゲンジュウアンノキ

世界大百科事典 第2版の解説

げんじゅうあんき【幻住庵記】

俳文。芭蕉作。門人曲翠が提供した石山の奥の幻住庵に滞在したおりの俳文。1690年(元禄3)の夏から秋にかけて,芭蕉はこの庵で生活したが,その間京都,大津へ出ることも多く,また門人たちの来訪も多かった。そうした中で,慶滋保胤(よししげのやすたね)の《池亭記》,鴨長明の《方丈記》,木下長嘯子の《山家記》など,伝統的な〈記〉の文学にならって創作されたのが本作品であり,なかでも《方丈記》の影響が顕著だった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げんじゅうあんのき【幻住庵記】

俳文。松尾芭蕉作。1690年四月から七月まで滞在した、近江石山の奥にある幻住庵についての記。「猿蓑」(1691年刊)に所収。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の幻住庵記の言及

【おくのほそ道】より

…古人の跡を求めて歌枕探訪の旅に出た主人公が,〈奥〉の受洗で独自の〈風流〉に開眼する点に,作品の意義があろう。《幻住庵記》で俳文の〈記〉の創出に成功した著者が,次の試みとして〈道の記〉の創出にとりくんだもので,前者が鴨長明の《方丈記》をふまえたように,これも当時《長明道の記》と称された《東関紀行》をふまえている。なお,同行の曾良には詳細な旅日記がある。…

【猿蓑】より

…芭蕉が〈脇三つを三体に仕分け〉たという初めの3巻は蕉風連句の規範とされている。俳文編は芭蕉の《幻住庵記》とその付録より成る。俳文として公表された最初の作品で,付録の《題芭蕉翁国分山幻住庵記之後》は去来の兄震軒の漢詩文,《几右日記》は来信または来庵の諸家の発句の書留である。…

※「幻住庵記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android