来訪(読み)らいほう

精選版 日本国語大辞典「来訪」の解説

らい‐ほう ‥ハウ【来訪】

〘名〙 たずねて来ること。訪れて来ること。⇔往訪
※菅家文草(900頃)二「感小蛇、寄田才子、一絶。来訪之間、此蛇在前、故感之」 〔白居易‐張常侍相訪詩〕

き‐とぶら・う ‥とぶらふ【来訪】

〘他ハ四〙 来てたずねる。来訪する。来問う。おとずれる。
蜻蛉(974頃)下「さるまじき人だにぞ、きとふらふめるとみる心ちぞ、そへてただならざりける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「来訪」の解説

【来訪】らいほう(はう)

訪ねてくる。〔鶴林玉露、乙四、来渡〕脩竹深山のに小溪り。の渡しを來と曰ふ。(けだ)し子由()、高安監酒に貶せられし時、東坡(軾)來りて之れを訪ひ、此の渡しを經す。人以て榮と爲す。故に以て來と名づく。

字通「来」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android