述懐(読み)じゅっかい

精選版 日本国語大辞典「述懐」の解説

じゅっ‐かい ‥クヮイ【述懐】

〘名〙 (古くは「しゅっかい」)
① 心中の思いを述べること。意中を述べること。
※懐風藻(751)述懐〈大友皇子〉「五言。述懐〈略〉道徳承天訓、塩梅寄真宰
※西行(1942)〈小林秀雄〉「思想を追はうとすれば必ずかういふやっかいな述懐に落入る鋭敏多感な人間を」 〔顔延之文皇帝元皇后哀策文序〕
② ぐち、不平、不満を洩らすこと。うらみを言うこと。じっかい。
※後鳥羽院御口伝(1212‐27頃)「述懐の心もやさしく見えし上、ことがらも希代の勝事にてありき」
※虎明本狂言・猿座頭(室町末‐近世初)「おんな共も花みにやらぬと申てしゅっくゎひ致す程に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「述懐」の解説

じゅっ‐かい〔‐クワイ〕【述懐】

[名](スル)《古くは「しゅっかい」》
思いをのべること。「心境を述懐する」
過去の出来事や思い出などをのべること。「事件当時のようすを述懐する」
恨み言をのべること。愚痴や不平を言うこと。
「女どもも花見にやらぬと申して―致す程に」〈虎明狂・猿座頭
[類語]話す語るしゃべる物言う口を利く伝える告げる言う述べる物語る打ち明ける明かす説明する告白する口外こうがいする他言たごんする言い出す発言する口に出す口にする吐く漏らす口走る抜かすほざくうそぶくしゃべくる言い掛ける言い始める言い話し込む話しかける口に上る口の端に掛かる口を開く口を切るおっしゃる仰せられるのたま申し上げる申し述べる申す言上ごんじょうする言及論及触れる論述叙述記述口述陳述詳述前述後述上述先述略述縷述るじゅつ屡述るじゅつ既述叙説詳説詳論開陳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「述懐」の解説

【述懐】じゆつかい(くわい)

思うことを述べる。・顔延之〔宋の文皇帝元皇后の哀策文〕(こ)れ元嘉十七年七二十六日、大行皇后、顯陽殿にず。粤(ここ)に九二十六日、將(まさ)に長陵に座せんとす。禮なり。~乃ち臣に命じて(かさ)ね、懷をべしむ。

字通「述」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android