コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

述懐 ジュッカイ

デジタル大辞泉の解説

じゅっ‐かい〔‐クワイ〕【述懐】

[名](スル)《古くは「しゅっかい」》
思いをのべること。「心境を述懐する」
過去の出来事や思い出などをのべること。「事件当時のようすを述懐する」
恨み言をのべること。愚痴や不平を言うこと。
「女どもも花見にやらぬと申して―致す程に」〈虎明狂・猿座頭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅっかい【述懐】

( 名 ) スル
心中の思いをのべること。 「現在の心境を-する」
〔「しゅっかい」とも〕 不平・うらみ・愚痴ぐちなどをいうこと。 「かの者-もことわりとぞ憐みける/咄本・醒睡笑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

述懐の関連キーワード妄想(森鴎外の小説)三十二番職人歌合絵巻踏み違える・踏違える三十二番職人歌合中原に鹿を逐うハイゼンベルク人生意気に感ず篠入りの合方フラマリオン文華秀麗集卒都婆小町新撰狂歌集恤・術・述思い続ける藤原顕輔めりやす月見座頭物名連歌本朝麗藻福谷圭祐

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

述懐の関連情報