コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幻夢物語 げんむものがたり

1件 の用語解説(幻夢物語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

げんむものがたり【幻夢物語】

室町時代の物語。作者未詳。京都大原の修行僧幻夢は連歌を機縁に親密となった日光山の稚児花松のことが忘れられず,日吉山王への祈願の帰途,日光竹林房まで尋ねて行く。その夜,花松と再会するが,翌朝老僧から花松が7日前に父の仇を報じ,みずからも討死にしたことを聞き,昨夜の花松が亡霊であったことを知る。無常を観じた幻夢は高野山に登り,翌年の命日のころ,偶然にも花松を討った武士で,今は修行僧となった若僧と知り合い,互いに懺悔し,発心,往生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

幻夢物語の関連キーワード大原問答鳴門中将物語仁勢物語無名草子秋夜長物語運歩色葉集風につれなき物語浜出きのふはけふの物語曽我物語

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone