親密(読み)しんみつ

精選版 日本国語大辞典「親密」の解説

しん‐みつ【親密】

〘名〙 (形動)
① 非常にしいこと。きわめて仲のよいこと。また、そのさま。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉六「王室に対するよりも封建の旧君に対して親密ならざるを得ず」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉四「昔は親密な間柄であったさうだから」 〔呉志‐孫登伝〕
② 親しく密接していること。また、そのさま。
※正法眼蔵(1231‐53)行仏威儀「いま仏仏祖祖の大道には、胎卵湿化生のほかに胎卵湿化生あること、不曾蔵に正伝せり、親密に正伝せり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「親密」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「親密」の解説

【親密】しんみつ

ごく親しい。〔漢書望之伝〕(さき)に烏孫(うそん)に在ること四十餘年、恩愛未だ親密ならず、邊未だ以て安んぜず。此れ已事の驗なり。

字通「親」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android