コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幼年谷 ようねんこくyoung valley

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幼年谷
ようねんこく
young valley

W.デービス浸食輪廻における幼年期地形にみられる。デービスは浸食輪廻説を谷地形にも適用し,谷を発達段階によって幼年谷,壮年谷,老年谷に分けた。幼年谷は発達段階の初期のもので,谷壁斜面は急で凹凸があり,谷底の幅は狭く,地すべりなどの斜面の崩壊がしきりに起る。河床縦断面は平滑でなく随所に滝,早瀬などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の幼年谷の言及

【谷】より

…水流は谷底や側面を浸食しながら幅と深さを増す。幼年期の谷(幼年谷)では下方浸食が卓越するから谷は深く,側面は急斜面となる。下方浸食のさかんな谷の横断面はV字谷となり,谷底には滝や早瀬があって縦断面も不連続である。…

※「幼年谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幼年谷の関連キーワード美濃三河高原大台ヶ原山河食輪廻谷中谷駒ヶ岳回春

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android