幼年期地形(読み)ようねんきちけい(英語表記)landform of youth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「幼年期地形」の解説

幼年期地形
ようねんきちけい
landform of youth

W.デービス浸食輪廻の第1段階の地形浸食が進まないので原地形を広く残し,原地形の総面積が谷の総面積よりも広い段階。表面は波浪状を呈することが多い。河川は下刻作用が強く,狭いV字形の横断面形をもつ峡谷をつくる。河床縦断面形は平滑でなく,早瀬がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「幼年期地形」の解説

ようねんき‐ちけい エウネン‥【幼年期地形】

〘名〙 浸食輪廻(りんね)の初期に見られる地形。原地形の平坦面が浸食されて、急流で滝の多いV字谷が見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる