コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幾何公差 きかこうさgeometrical tolerance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幾何公差
きかこうさ
geometrical tolerance

製図用語。幾何学的に正確な形状,姿勢あるいは位置からずれることが許される領域をいう。幾何公差の指定は,設計図の中に特別な公差記入枠を設け,その中に公差の種類の記号,公差値,データム (その公差域を規制するために設定した理論的に正確な幾何学的基準を指示する記号) を記入し,さらに記入枠から指示線を引いて規制する形態と結びつけることで行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android