コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広域噴火 こういきふんかareal eruption

岩石学辞典の解説

広域噴火

地殻の沈降を伴う噴火,あるいは多数の噴火口による爆発と噴火で特徴づけられる噴火[Wolff : 1914].デイリイがイェローストーンで記載している[Daly : 1914].中心噴火割れ目噴火などに対する語で,バソリスを形成するような巨大なマグマ溜まりの屋根に当たる部分が抜けて起こるであろう面積的な噴火をいう.屋根やぶり(deroofing)ともいう.目撃された例はない[片山ほか : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

広域噴火の関連キーワードデルーフィング

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android