広大院(読み)こうだいいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広大院 こうだいいん

1773-1844 江戸時代後期,徳川家斉(いえなり)の正室。
安永2年6月21日生まれ。鹿児島藩主島津重豪(しげひで)の娘。安永5年4歳で一橋家松平豊千代(のち将軍家斉)と婚約,寛政元年結婚。8年敦之助を生むが4歳で早世天保(てんぽう)13年従一位となり,一位様と称された。天保(てんぽう)15年11月10日死去。72歳。名は寔子(ただこ)。通称は茂姫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android