コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広津藍渓 ひろつ らんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広津藍渓 ひろつ-らんけい

1709-1794 江戸時代中期の儒者。
宝永6年5月5日生まれ。農家の出身。はじめ久留米(くるめ)藩の合原(あいはら)窓南,のち江戸の服部南郭にまなぶ。久留米藩の儒員となり講席(藩校修道館の前身)開設につとめ,講師となる。寛政6年11月13日死去。86歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。名は弘恒,省。字(あざな)は有修。通称は善蔵。著作に「読書論」「論語問」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

広津藍渓の関連キーワード園井東庵馬田柳浪杉山正仲井上南皐儒者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android