コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬台山 ひろせ たいざん

美術人名辞典の解説

広瀬台山

江戸中期の南画家。美作津山生。名は清風、字は穆甫、通称は周蔵・雲太夫、別号に書画斎・白雲窩。福原五岳・細谷半斎に学び、山水画詩書を能くした。文化10年(1813)歿、63才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広瀬台山 ひろせ-たいざん

1751-1813 江戸時代中期-後期の画家,武士。
宝暦元年生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩士。大坂で福原五岳にまなぶ。藩主の近習として江戸詰めとなり,谷文晁(ぶんちょう),大窪詩仏(おおくぼ-しぶつ)らと交際した。作品に「山静日長図」がある。文化10年10月13日死去。63歳。名は清風。字(あざな)は穆甫。通称は周蔵,雲太夫。別号に白雲窩。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

広瀬台山

没年:文化10.10.13(1813.11.5)
生年:宝暦1(1751)
江戸後期の南画家。美作(岡山県)津山藩士。名は清風。字は穆甫。台山と号した。大坂で福原五岳に南画を学び,江戸では雲室,渡辺玄対,谷文晁 らと交流。晩年は津山に隠居。穏健な 南宗山水画を描いている。

(武田光一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

広瀬台山の関連キーワード徳弘董斎徳弘石門片桐蘭石橋本小霞勾田台嶺勾田香夢

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android