コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広義国防 こうぎこくぼう

世界大百科事典 第2版の解説

こうぎこくぼう【広義国防】

満州事変後,陸軍が提唱した政策論。陸軍省新聞班は,1934年10月1日《国防の本義と其強化の提唱》と題するパンフレットを発刊,国防政策は単なる武力のみでなく,〈国家の全活力を最大限に発揚せしむる如く,国家及社会を組織し運営〉しなければならないと唱え,国防の観点から国民生活の安定,農山漁村の更生,国民教化の振興などの問題をも提起した(陸軍パンフレット事件)。この立場が〈広義国防〉と呼ばれるようになり,36年の二・二六事件以後,軍部の強い影響のもとで成立した広田弘毅内閣の〈庶政一新〉政策は,こうした広義国防の観点に立つものとみられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

広義国防の関連キーワード社会大衆党(昭和前期の政党)軍機保護法満州事変

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android