コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林銑十郎内閣 はやしせんじゅうろうないかく

2件 の用語解説(林銑十郎内閣の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

林銑十郎内閣【はやしせんじゅうろうないかく】

1937年2月2日―6月3日。広田弘毅内閣総辞職ののち宇垣内閣が流産したあと成立。軍の〈ロボット〉内閣といわれた。政党を排撃し,祭政一致を声明。結城豊太郎蔵相は戦時経済確立のため軍部と協力し〈軍財抱合財政〉といわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林銑十郎内閣
はやしせんじゅうろうないかく

(1937.2.2~1937.6.4 昭和12)
第70議会会期中に総辞職した広田弘毅(ひろたこうき)内閣の後を受けて成立した内閣。元老西園寺公望(さいおんじきんもち)は後継首班に陸軍の長老で前朝鮮総督の宇垣一成(うがきかずしげ)を推薦したが、陸軍中堅幕僚の強い反対で宇垣内閣は流産し、かわって元陸相の林銑十郎が組閣を命ぜられた。当初は興中公司(こうちゅうコンス)社長十河信二(そごうしんじ)や参謀本部の石原莞爾(いしはらかんじ)大佐ら「満州組」の意向に沿って組閣工作を進めたが、陸軍首脳部の反発が強かったため、石原らを退けて陸海軍首脳部の推す候補を受け入れ、2月2日に内閣を発足させた。内閣は政友会、民政党の閣僚も議会の支持勢力ももたずに出発し、「祭政一致」という神がかり的政綱を発表、佐藤尚武(さとうなおたけ)外相のもとで、日中関係改善をスローガンに、華北分離工作を修正して国防資源獲得のための華北経済開発促進を重視する一方、資本の擁護の立場から結城豊太郎(ゆうきとよたろう)蔵相のもとで「軍財抱合財政」を推進した。議会は2月15日に再開されたが、予算案を成立させたのちの議会最終日に突如解散した。総選挙で政党に打撃を与え、一挙に親軍政党をつくろうとしたのである。しかしこれは「食い逃げ解散」として国民の不評を買い、総選挙の結果は政党の大勝、内閣の惨敗となった。林内閣は選挙後も居座りを策したが、野党の倒閣運動が高まり、5月31日総辞職した。後継内閣は6月4日近衛文麿(このえふみまろ)によって組織された。[粟屋憲太郎]
『塚田昌夫著『林内閣』(1938・近衛内閣編纂所) ▽林茂・辻清明編『日本内閣史録3』(1981・第一法規出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の林銑十郎内閣の言及

【帝国議会】より

…また,満州事変以後では政党に対する軍部の批判を顧慮して政党の政権獲得への意欲は消極的となり,とくに36年の二・二六事件以後,その傾向はさらに顕著になった。しかし,広田弘毅内閣が軍部の要求により行政機構の改革と並行して議会制度の改革に着手しようとして政党側の反発を招いたこと,37年には政友会幹部の浜田国松が軍部を批判,寺内陸相との腹切り問答を展開したこと,また,林銑十郎内閣が政党を無視して組閣し,軍と癒着した諸政策を推進しようとして政党側の反撃にあい退陣したことなどは,政党側が受身ながら軍部への抵抗を示した事例といえよう。
[翼賛体制への移行]
 政党の発言権の落傾向はとどめ難く,1937年6月成立した近衛文麿の内閣は各界の期待を担って登場したが,政党からの入閣者は近衛に近い者の中から民政,政友両党から各1名にすぎなかった。…

※「林銑十郎内閣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

林銑十郎内閣の関連キーワード中国映画日活(株)華北分離工作朝鮮映画東宝(株)広田弘毅内閣文化勲章中井正一チェンバレン若い人

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

林銑十郎内閣の関連情報