コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庄川峡 しょうがわきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

庄川峡
しょうがわきょう

富山県南西部,庄川が飛騨山地北部の五箇山から砺波平野谷口にある砺波市庄川町金屋にかけて形成した峡谷。特に庄川本流と支流の利賀 (とが) 川との合流点から谷口付近までの深く刻まれた峡谷一帯は小牧ダム,庄川温泉郷もあって県定公園に指定されている。小牧ダムから上流は細長い人造湖を形成し,冬季の五箇山への交通路となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうがわ‐きょう〔シヤウがはケフ〕【庄川峡】

富山県西部、庄川中流にある峡谷。ふつう小牧ダム付近から祖山(そやま)付近までのおよそ12キロメートルを指す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

庄川峡の関連キーワード越中五箇山菅沼集落庄川(富山県)富山県砺波市大牧[温泉]庄川(川)砺波(市)庄川[町]大牧温泉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庄川峡の関連情報