コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砺波平野 となみへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砺波平野
となみへいや

富山県西部,庄川小矢部川扇状地性の堆積平野富山平野の一部をなす。網の目状の用水路が発達,水田が開け,加賀藩の穀倉地帯であった。散村の景観は全国的に有名で,スギ,ケヤキ,タケなどの垣入 (かいにょ) と呼ばれる屋敷森に囲まれた農家が 100~200mの間隔で分布している。農業は米作のほか裏作として大正期から砺波市域を中心にチューリップの球根栽培が盛んである。中心は砺波市。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

となみ‐へいや【砺波平野】

富山県西部、庄川(しょうがわ)・小矢部川流域の平野。越中米の産地で、典型的な散村集落が見られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

となみへいや【砺波平野】

富山県西部の平野。飛驒高地から北流する庄川と小矢部川によって造成された複合扇状地であるが,庄川扇状地が大部分を占める。現在,庄川は砺波平野の東部を北流しているが,古くははんらんによってしばしば流路を変更した。庄川が現在の河道に固定したのは,加賀藩が1670年(寛文10)から1714年(正徳4)にかけて治水工事をしてからである。砺波平野は傾斜が比較的緩やかで水も得やすいことから早くから開発が進み,庄川の旧河道を利用した灌漑用水路が網目状に発達し,豊かな水田農村が形成された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕砺波平野(となみへいや)


富山県西部に広がる沖積(ちゅうせき)平野。庄(しょう)川扇状地と小矢部(おやべ)川中流域からなる。富山平野に含めることもある。垣入(かいにょ)とよばれる屋敷林に囲まれた民家が、100~200m間隔に点在する独特の散居集落で知られる。灌漑(かんがい)用水路が網の目状に巡り、一面の水田地帯をなす。チューリップの球根栽培も盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の砺波平野の言及

【富山平野】より

…呉東の複合扇状地の末端,とくに黒部川扇状地の末端海岸では海岸浸食が激しく,護岸堤防が造られている。 呉西平野は射水(いみず)平野,砺波(となみ)平野,氷見(ひみ)平野(低地)より構成されている。射水平野は,西は小矢部(おやべ)川,東は神通川,南は高岡市の古城公園付近と射水丘陵の北縁を結んだ線以北の低湿な平野で,小矢部川,庄川,下条(げじよう)川,鍛冶川,神通川などの諸河川で造成された複合三角州である。…

※「砺波平野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

砺波平野の関連キーワード南砺市閑乗寺公園閑乗寺スキー場富山県南砺市小矢部[市]城端[町]庄川[町]井波[町]福光[町]砺波[市]福野[町]福岡[町]砺波・礪波井口[村]北陸地方増山城跡散居集落南砺市高岡市立野原細尾峠

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砺波平野の関連情報