南砺市(読み)なんと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南砺〔市〕
なんと

富山県南西端,砺波平野の南部と庄川小矢部川の流域に広がる市。西で石川県,南で岐阜県に接する。 2004年城端町,村,上平村,利賀村,井波町,井口村,福野町,福光町の8町村が合体。市域の約8割が森林で,平野部は散村として知られる。中世から近世にかけて,瑞泉寺の建立と善徳寺の移築に伴い井波と城端は門前町,福野と福光は市場町として発展。平野部では加賀藩の支配下で新田開発が進められた。米作のほか,干し柿,サトイモ,チューリップ球根などの栽培が盛ん。平野部にはアルミニウム関連,橋梁建設などの製造業が立地。絹織物や木彫刻,野球の木製バットなどの製造も行なわれる。南部の五箇山地方には合掌造集落が見られ,相倉と菅沼の集落 (国指定史跡) は 1995年世界遺産 (文化遺産) として登録された。市域の一部が白山国立公園医王山県立自然公園五箇山県立自然公園白木水無県立自然公園に属する。北部を JR城端線が通り,国道 156号線,304号線,471号線が南北に通じる。面積 668.64km2。人口 5万1327(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南砺市の関連情報