コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利賀 とが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利賀
とが

富山県南西部,南砺市南東部の旧村域。飛騨山地庄川支流利賀川の流域にある。 1889年村制。 2004年城端町,村,上平村,井波町,井口村,福野町,福光町と合体して南砺市となった。南は岐阜県に接し,大部分が山地。五箇山の一部で,長い間ほとんど隔絶された山村であった。明治以降は養蚕,和紙,現在では農林業,イワナの養殖,民宿業などが行なわれている。合掌造の民家集落を中心とした合掌文化村があるほか,劇団 SCOT (→早稲田小劇場 ) の演劇活動本拠地としても知られる。庄川流域の庄川峡は県定公園に指定,大牧温泉がある。脇谷のトチノキ救荒食物として大切に育成され国の天然記念物。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

利賀(とが)

富山県南砺市にある道の駅。国道471号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

利賀
とが

富山県南西部、東礪波(ひがしとなみ)郡にあった旧村名(利賀村(むら))。現在は南砺(なんと)市の南東部を占める一地区。2004年(平成16)東礪波郡城端(じょうはな)町、井波(いなみ)町、福野(ふくの)町、平(たいら)村、上平(かみたいら)村、井口(いのくち)村、西礪波郡福光(ふくみつ)町と合併、市制を施行して南砺市となる。旧村域は、南部を岐阜県に接し、庄(しょう)川、その支流利賀川、神通(じんづう)川水系の百瀬(ももせ)川の3流域からなる五箇山(ごかやま)の山村地帯。庄川に沿って国道156号、利賀川に沿って471号が走るが、五箇山のなかでももっとも交通の便に恵まれない。養蚕、和紙、製炭、林業が行われてきたが、過疎化が進み廃村となった集落もある。最近は文化・観光面に力を入れ、活性化を図っている。1976年(昭和51)に百瀬川流域の中村地区に早稲田(わせだ)小劇場(現、劇団SCOT)が合掌(がっしょう)造の民家を本拠に活動を始め、1982年には第1回世界演劇祭(利賀フェスティバル)を開催した。世界演劇祭は毎年行われたが、1999年(平成11)の第18回が最後となり、2000年からは利賀サマー・アーツ・プログラムが行われている。イワナの養殖を行い、特産にマタタビ酒がある。野外劇場や合掌造の劇場をもつ富山県利賀芸術公園、利賀民俗館、道の資料館などの施設がある。脇谷(わきだに)のトチノキは国の天然記念物。「利賀のはつうま行事」は国の選択無形民俗文化財。[深井三郎]
『『利賀村史』(1999~ ・利賀村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

利賀の関連キーワード富山県南砺市利賀村上百瀬富山県南砺市利賀村上畠富山県南砺市利賀村高沼白木水無県立自然公園富山県南砺市利賀村利賀フェスティバル山木検校(3代)長崎村茂右衛門大牧[温泉]平(富山県)富山県南砺市南砺[市]南砺(市)上平[村]利賀〈村〉上平〈村〉庄川(川)平[村]鈴木忠志呉 泰錫

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利賀の関連情報