コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利賀 とが

3件 の用語解説(利賀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利賀
とが

富山県南西部,南砺市南東部の旧村域。飛騨山地庄川支流利賀川の流域にある。 1889年村制。 2004年城端町,村,上平村,井波町,井口村,福野町,福光町と合体して南砺市となった。南は岐阜県に接し,大部分が山地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

利賀
とが

富山県南西部、東礪波(ひがしとなみ)郡にあった旧村名(利賀村(むら))。現在は南砺(なんと)市の南東部を占める一地区。2004年(平成16)東礪波郡城端(じょうはな)町、井波(いなみ)町、福野(ふくの)町、平(たいら)村、上平(かみたいら)村、井口(いのくち)村、西礪波郡福光(ふくみつ)町と合併、市制を施行して南砺市となる。旧村域は、南部を岐阜県に接し、庄(しょう)川、その支流利賀川、神通(じんづう)川水系の百瀬(ももせ)川の3流域からなる五箇山(ごかやま)の山村地帯。庄川に沿って国道156号、利賀川に沿って471号が走るが、五箇山のなかでももっとも交通の便に恵まれない。養蚕、和紙、製炭、林業が行われてきたが、過疎化が進み廃村となった集落もある。最近は文化・観光面に力を入れ、活性化を図っている。1976年(昭和51)に百瀬川流域の中村地区に早稲田(わせだ)小劇場(現、劇団SCOT)が合掌(がっしょう)造の民家を本拠に活動を始め、1982年には第1回世界演劇祭(利賀フェスティバル)を開催した。世界演劇祭は毎年行われたが、1999年(平成11)の第18回が最後となり、2000年からは利賀サマー・アーツ・プログラムが行われている。イワナの養殖を行い、特産にマタタビ酒がある。野外劇場や合掌造の劇場をもつ富山県利賀芸術公園、利賀民俗館、道の資料館などの施設がある。脇谷(わきだに)のトチノキは国の天然記念物。「利賀のはつうま行事」は国の選択無形民俗文化財。[深井三郎]
『『利賀村史』(1999~ ・利賀村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

利賀の関連キーワード富山県南砺市入谷富山県南砺市北川富山県南砺市柴田屋富山県南砺市高瀬富山県南砺市殿富山県南砺市苗島富山県南砺市飛騨屋富山県南砺市法林寺富山県南砺市南原富山県南砺市やかた

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

利賀の関連情報