コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

序列尺度 じょれつしゃくどordinal scale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

序列尺度
じょれつしゃくど
ordinal scale

序数尺度ともいい,測定対象において相互の距離を判定しえないものに対して,それを順位づけることによって評価を行う方法。たとえば,10人の子供を成績順に並べて,成績のよい者から1,2,3…10と数値を与えたとすれば,これらの数値は序列尺度値といえる。序列尺度構成の基本は評定者の与える序列判定であって,これには対象全体について序列を与える場合,対象をある意味で序列の定まっているカテゴリーに分類する場合,および2つの刺激から成る各対につき単に優劣の判定のみを行い,判定の分布から順位を決定する場合などがある。序列尺度構成法として典型的なものはいわゆる評定法であって,評定尺度法,順位法および一対比較法の3つがその代表的なものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

序列尺度の関連キーワード序数尺度

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android