序列尺度(読み)じょれつしゃくど(英語表記)ordinal scale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

序列尺度
じょれつしゃくど
ordinal scale

序数尺度ともいい,測定対象において相互の距離を判定しえないものに対して,それを順位づけることによって評価を行う方法。たとえば,10人の子供を成績順に並べて,成績のよい者から1,2,3…10と数値を与えたとすれば,これらの数値は序列尺度値といえる。序列尺度構成の基本は評定者の与える序列判定であって,これには対象全体について序列を与える場合,対象をある意味で序列の定まっているカテゴリーに分類する場合,および2つの刺激から成る各対につき単に優劣の判定のみを行い,判定の分布から順位を決定する場合などがある。序列尺度構成法として典型的なものはいわゆる評定法であって,評定尺度法,順位法および一対比較法の3つがその代表的なものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android