コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底下 ていげ

大辞林 第三版の解説

ていげ【底下】

〘仏〙 きわめて劣ること。煩悩ぼんのうの多いこと。また、その人。 「凡愚-のつみびとを/浄土和讃」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

底下の関連キーワードジョイデス・レゾリューション号マルチチャンネル連続音波探査統合国際深海掘削計画メタンハイドレート海底ケーブル敷設船付加コンプレックスバイオマスCCSガスハイドレートアセノスフェア海洋汚染防止法排他的経済水域関門トンネル伊豆群発地震連続音波探査ボデーレ低地ミッチェルサプロぺルカゴカマス人工地震熱水噴出

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android