コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庚申薔薇 コウシンバラ

デジタル大辞泉の解説

こうしん‐ばら〔カウシン‐〕【×庚申薔薇】

バラ科の常緑低木。主に5月ごろ紅紫色の花を開くが、四を通じて咲く。名は、ほぼ隔月に庚申が来るように、たびたび花が咲くという意から。中国の原産で、庭園に植えられる。長春花。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしんばら【庚申薔薇】

バラ科の常緑低木。中国原産。渡来は古く、観賞用に栽培。春から秋にかけ、枝先に紅紫色または淡紅色の花を少数個ずつつける。花は一重または八重で、花期が長い。長春花ちようしゆんか

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

庚申薔薇 (コウシンバラ)

学名:Rosa chinensis
植物。バラ科の常緑低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

庚申薔薇の関連キーワード渡来花期