庚申薔薇(読み)こうしんばら

精選版 日本国語大辞典「庚申薔薇」の解説

こうしん‐ばら カウシン‥【庚申薔薇】

〘名〙 バラ科の常緑低木。中国原産で、日本でも古くから栽培されているバラの一種。三~五の小葉に分かれており、小葉は長さ三~五センチメートルの長楕円形。四季を通じて約五センチメートルの花を開く。花は芳香少なくやや重弁で紅紫色が普通。原生品には単弁もみられる。観賞用に栽培されるほかに、西洋バラの台木として利用される。漢名、月季花長春(ちょうしゅん)。しきざきいばら。ひめばら。《・春》 〔大和本草批正(1810頃)〕
[補注]「明月記」の建保元年(一二一三)一二月一六日にみえる「十六日、天晴、籬下長春花猶有紅蘂」が最初の記録とされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「庚申薔薇」の解説

こうしん‐ばら〔カウシン‐〕【×庚申薔薇】

バラ科の常緑低木。主に5月ごろ紅紫色の花を開くが、四季を通じて咲く。名は、ほぼ隔月に庚申が来るように、たびたび花が咲くという意から。中国の原産で、庭園に植えられる。長春花。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「庚申薔薇」の解説

庚申薔薇 (コウシンバラ)

学名Rosa chinensis
植物。バラ科の常緑低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android