コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

度会鶴渓 わたらい かくけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

度会鶴渓 わたらい-かくけい

1675-1733 江戸時代中期の神職,儒者。
延宝3年生まれ。伊勢神宮外宮(げくう)の権禰宜(ごんのねぎ)。伊藤仁斎,東涯の門にまなぶ。享保(きょうほう)18年7月19日死去。59歳。家名は福島。名は季茂(すえしげ),末茂。字(あざな)は士造。通称は造酒。著作に「分韻詩選」「鶴渓文集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

度会鶴渓の関連キーワード度会季茂儒者

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android