コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延喜聖代 えんぎのせいたい

世界大百科事典 第2版の解説

えんぎのせいたい【延喜聖代】

平曲の曲名。小秘事物。醍醐天皇延喜聖帝ともいわれる帝だった。宇多法皇の第1皇子である。889年(寛平1)に5歳で親王宣下,9歳で皇太子に立った(〈位クドキ〉)。13歳で譲位を受けてから善政を施したので太平が続いた。それは,十旬の雨壌(つちくれ)を破らず,五日の風枝を鳴らさずというめでたさだった(〈三重(さんじゆう)〉)。あるとき神泉苑行幸の際,池のサギを召したが,サギは勅に従って飛び立たなかったので,そのサギに五位を授けて世に王威を知らしめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

延喜聖代の関連キーワード延喜・天暦の治

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android