コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延寿派 えんじゅは

1件 の用語解説(延寿派の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

延寿派
えんじゅは

鎌倉末期から室町時代にかけての肥後国(熊本県)の刀工の一流派。山城(やましろ)国(京都府)来(らい)系の分派で、始祖は国村という。国村の父が来国行の婿といわれ、国村が延寿太郎を名のったところから、一門を「延寿」と称するに至った。一門のうちほかに国友、国資(くにすけ)、国時、国信らが名高く、国村、国友のほかは同名が数代ある。この派は南北朝時代に菊池氏に属したので、勤王家の間でとくに珍重された。[小笠原信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の延寿派の言及

【山城物】より

…来派は一説に先祖が高麗からの帰化人といい,銘に来国俊,来国光,来国次,来倫国,来国長など〈来〉の字を冠するものが多い。山城物の中で最も繁栄したのがこの来派で,他国への影響力も大きく,来国長は摂津中島へ移り,来国俊の門人国村は肥後の地に延寿派を開き,また来国俊の子了戒の末葉は筑紫の地に移住し,それぞれ地方鍛冶の祖となっている。南北朝時代には了戒の系統をひく信国派と本国を大和という長谷部派がつづき,その初代信国と初代長谷部国重は,それぞれ相州貞宗,相州正宗の門人と伝え,ともに相州物の影響を強く受けた作を残している。…

※「延寿派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone